YouTube動画はコチラから

 

体外受精を受ける男性のインスリン数値が、精子や体外受精の治療成績にどのような影響を及ぼすのかを調べる実験が南アフリカで行われた。


・体外受精に臨む82組のカップルが対象。

・女性の年齢は38歳以下でインスリン数値や卵巣の反応性は正常範囲。

・不妊原因は卵管障害(子宮内膜性を含む)

 

・男性の精子濃度や運動率は正常範囲。


排卵日の朝に、男性の空腹時インスリン濃度を測定する。


9.2μIU/ml以下:正常グループ 38名

9.2μIU/ml以上:高インスリングループ 44名


高インスリングループ

 

・精子濃度や正常精子形態率は正常グループに比べてやや低かったが正常範囲内。

・精子DNAの構造は高インスリングループの方が確率がかなり高くなっていた。


体外受精の成績は

 

・受精率や胚のグレードは正常グループの方がやや高かったがそこまで差はない。

・しかし、移植あたりの妊娠率は57.9%対31.8%と正常グループの方が約2倍高かった。


よって、男性の高インスリン濃度は精子の質を低下させることで体外受精の治療成績に悪い影響をかなり与える可能性がある。


女性の場合も、高インスリンが男性ホルモンの過剰から排卵障害や卵質の低下につながり妊娠しづらくなることが知られている。

 

男女ともに、インスリン値が高いと体外受精には悪い影響を与えると考えられる。

 

では、高インスリン濃度やインスリン抵抗性はどう対応すればよいのか?

 

高インスリン血症を予防するには、インスリンを多く出す生活を改善する必要がある。

 

 

✖精製度の高い糖質:白砂糖、小麦など。食べると体への吸収スピードが速く、血糖値を急上昇させる。血糖値を下げるためにインスリンも急激に発生する。→インスリンがたくさん出る

 

✖人工甘味料:血糖値は上げないがインスリン抵抗性を強める。→インスリン抵抗性を高める

 

✖間食:1日3食の場合、日に3度インスリンを出せば良いが、3度間食をした場合は食事回数が6回になり、インスリンも6回出すことになる。→1日中インスリンが高い状態になる

 

〇良い油:糖質を減らすと全体のカロリーも減る。カロリーが減ると基礎代謝が減って血流や体温が低下する。妊活に基礎代謝の低下は良くない。糖質制限で減ったカロリーは良い油で摂る。基礎代謝も下がらず空腹感も感じない。良い油とは、エクストラバージンオリーブオイルやMTCオイル、アボカドなどが良い。

 

〇野菜(食物繊維):肝臓からのグルコース(ブドウ糖)放出を抑える→インスリンの抑制

 

〇酢:インスリン抵抗性を減らす。炭水化物を食べる直前に小さじ2杯の酢を摂ると、血糖値を低くすることができ、インスリン値も34%低くすることができる。

妊活中だが、血糖値が高く子供を授からない等、お悩みがございましたらご相談ください。

 

現在、初回割引キャンペーンを行っています。治療ご希望の方はコチラをご覧になってお問い合わせください。

 

初回割引キャンペーンはココをクリック